最長片道切符を途中下車してから
上菅谷駅1番線に停車中の常陸太田行普通列車に乗る。

 12時32分、水戸からの普通列車が到着し、
乗換え客を吸い込む。12時33分に、常陸大宮行と同時発車。
こちらはずっと直線なのでぐんぐん加速し、一気に抜き去る。

 郡山からずっと水郡線をたどってきたから、
これまでとあまり風景は変わらない。田園風景が続く。
南酒出、額田と停車。小ぢんまりとした駅である。
沿線人口はそれほど多くないようだが、
1両では足りないくらいに乗客はいる。

 さらに河合、谷河原で3人ずつ下車。
久慈川を渡って12時48分、終点常陸太田着。
そろそろ倹約しなくてはならないので
青春18切符に今日の日付を入れてもらう。
売り上げに貢献できないのは残念だが、関東は乗客が多い。
東北のローカル線とは比べるまでもない。
よって、運賃収入にはならないことを申し訳なく思うが、
青春18切符を使わせてもらうことにする。
常陸太田は高校が2,3あるために支線が残っている。
距離にしてわずか10kmだが、大事な顧客である彼らにとって
なくてはならぬ存在でもあった。



最長片道切符の旅・12日目へ






 最長片道切符の12日目を終わらせてから、水戸線に乗る。
水戸から乗ってきた小山行普通電車に引き続き乗る。
友部駅を14時25分、定刻に発車した。
水戸線も両毛線同様に幹線であるが、乗っていると
電化されているとはいえ、どう見ても単線のローカル線だ。
なぜ幹線扱いされるのかわからない。

 2つめの笠間駅で乗客が半分に減る。
その後、稲田、福原、羽黒、岩瀬と停まるが、
乗車数=下車数の状態が続き、混み具合(というよりは
空き具合)に変化はない。外の風景に目をやると、
田園風景の向こうにそれほど高くない山並みが続く。
両毛線とほぼ同じような車窓だ。
北関東を環状に結ぶ線路の一角をなすから当然かもしれない。

 下館で乗車が上回った。
それでも乗客は多くない。
水郡線のほうが混んでいたように思う。
真岡鉄道のディーゼルカーを見ながら下館を発車。

 両毛線と何が違うのかわからないくらい、坦々と走る。
峠もない。小田林を出ると電気が消えた。
デッドセクションであった。交流と直流が切り換えられ、
15時27分、終点・小山駅に到着。
下車客は皆改札を通らず、宇都宮方面へと向かっていった。

その流れに乗って、宇都宮へ向かう。
台風はまだ来てないらしいので、日光線にも乗っておこう。



時刻表2万km・ローカル線日記へ

最長片道切符の旅・12日目へ

最長片道切符の旅TOPへ





水郡線(常陸太田支線)と水戸線の旅
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー